これは樹林の5周年時に関さんから貰った樹林のアート作品。

あ、アイキャッチだと切れちゃってる…。

 

作品全景↓

img_3220

 

碁石を並べて遊んでるんじゃないですよ(笑)

 

なんとこれ、黒から打ってお互い正しくヨセると、いい勝負になる

囲碁アートなんです。

 

11/27(日)、12/18(日)に、初台囲碁クラブさんにて、関さん主催の

「ここから囲碁するART展」が開催されます!(詳細

 

見て、知って楽しいアート展、

今回は、これから開催される

そんなアート展について書いていこうと思いますー

 

 

スポンサーリンク

 

 

ここから囲碁するART展に、行ってみよう!

2016110111563706e

囲碁アートって?

 

囲碁アートとは、関翔一さんが生み出した、

見て楽しい!考えて楽しい!

今までになかった全く新しい囲碁を使ったアートです。

 

ただ石を並べて作った絵や文字というものではなく、

そのまま囲碁で勝負ができるカタチになっている!という作品。

 

囲碁を知っている人も知らない人も楽しめる、アートという切り口から開催されるイベントです。

 

関翔一さんって?

 

店長の飲み仲間…

 

と、いうのは置いといて(笑)

 

囲碁のインストラクターとして各所で活躍されている方です。

囲碁のプレースタイルも独特で、よく序盤、布石の段階で5の5を打ちます。

 

5の5の人といえば、関さんというくらいですね(笑)

 

実力は言わずもがな。(気になる人はググってみましょう!)

 

そんな独特で自由な布石で戦う関さんだからこそ、

囲碁でアートという新しい自由な発想ができちゃったんでしょう!

 

イベント当日は会場で会えますので、ぜひ会いに行ってみてください。

 

なお当日、これまでの作品を集めた画集も販売されるようです!

20161109221646cbf

 

 

 

初台囲碁クラブさんって?

 

今回会場になっている初台囲碁クラブさんは、新宿初台にある大きくて清潔感のある碁会所です。

樹林も、共同で様々な企画やイベントでお世話になっている、素敵な碁会所です。(定期開催しているmini団体戦等も開催させていただいてます。)

 

囲碁を始めて5年の私。

お店を開いてから5年の樹林

 

業界的にはペーペーな店長を何かと気にかけてくださるオーナーさんには、

本当に毎度頭が上がりません。

 

囲碁教室やイベント等、囲碁普及に積極的な碁会所ですので、

是非この機会に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

教室がメインですが、金曜は夜まで営業されているようです!

 

初台囲碁クラブ

京王新線「初台」駅より徒歩5分
都営大江戸線「西新宿五丁目」駅より徒歩10分
京王バス「西新宿四丁目バス停」すぐ

●総面数36面。最大72名まで一度に入れます。
●囲碁教室用の貸室・貸席も行っています。

●営業日
・火/水/金曜日:通常営業
・木/土/日/月曜日:完全予約制
※囲碁教室の詳しい営業日時はこちらをご覧ください。

●営業時間
・一般対局:火~金曜日の12時30分~18時
・教室/貸室:午前中から夜遅く(22時)まで

〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-41-7
クレベール西新宿104
TEL&FAX:03-6276-0165

 

囲碁アートの魅力

 

囲碁は、知ってると楽しいんですが、

知らないと、ただ石が置かれているだけに見えて、正直何も楽しくないんですよね。

 

例えばNHKでやっている囲碁の局面解説とか、

それを見て楽しい!と感じれるまでには、

ルールを覚えて打てるようになって…という過程が必要になってきます。

 

それ故に、

これから囲碁を楽しんでいただきたい!という方に向けて、

囲碁っぽいアプローチは、なかなか難しいものがあります。

 

 

しかし、囲碁アートは見て楽しい!

石を使った絵ですから、囲碁なんて知らなくても

碁石を持って碁盤に打つことが自然にできるんです。

 

それだけで、「石を交点に置く」「白と黒がある」ということが

無意識に分かってしまいます。

 

まさに囲碁を体験するにはぴったりなイベントです。

 

特にお子さんには、囲碁に触れるいい機会になるのではないでしょうか。

 

碁盤をキャンバスに、自由に石を置いて絵を作る。

 

すなわち、創造力を働かせて、実際に石を置いて作品を作るということ。

それこそまさに「囲碁」なんですよね。

 

 

ルール説明や手筋、置き方等の理屈っぽいものから入るより、

 

見て、触って、体験して、楽しんで、自然に「囲碁」ができるこのアート展は、

普及という観点からも素晴らしいものだと私は思います。

 

ということで、

囲碁を知らない人も、知っている人も、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク