久しぶりに快活クラブじゃない朝を迎えました。

やっぱりベッドで寝るっていうのはいいですね!

さてさて、どうやら台風が近づいているようで…

今日は朝から雨がザーザーでしたが、10時には雨も上がったので出発することにします。

 

朝食はホテルのバイキングでいただきました。

食パンとポテト(快活セット)以外を食べたのは久しぶりでした笑

 

予定では今日で静岡を抜け、愛知県に入ります。

 

それでは歩いて参ります。まずは舞阪宿からですね!

 

IMG_9004

 

 

スポンサーリンク

 

道中の思い出

舞阪宿

雨が上がったばかりなので、かなりミスティです。

蒸し暑い中を進んでいきます。

静岡に来たら一度は行ってみたかったさわやか。

まだ開店の11時前ドァというのに、既に75分待ちでした。これなんてアトラクション?

残念ですが、先を急ぐので諦めました…。

IMG_8928

IMG_9008 IMG_9009

日も登り、暑さも絶好調になってまいりました。

本日は湿度を伴う暑さなので、日差しで焼かれるというよりは蒸されるような感じです。

水分補給に気をつけながら進んでいきます。
IMG_9010 IMG_9011

ここの松並木、綺麗でしたね!

IMG_9012 IMG_9013

松並木を歩いて、舞阪宿に到着しました。

 

この松並木は、五十三次の各宿場が描かれた石碑が道沿いに設置されていました。

全部撮ると大変なことになるので撮ってないですが、歩いていてなかなか楽しかったです。

ここを歩くだけでも東海道を歩いている気分に浸れるので、お散歩におすすめですね。

以下松並木後の道中の様子や史跡。(クリックで拡大します。)

舞阪はしらすと海苔推し。

IMG_9022 IMG_9023

脇本陣の見学ができそうでしたので、休憩がてら見学することにしました。

ここの旅籠は珍しく、大名や役人が宿泊休憩しない時は一般向けの旅籠として使われていたそうです。

だから二階があるんですねー。(偉い人用の旅籠は基本平屋だそうです。なんか上から見下ろしたり上からの危険が無いように、だった気がします。)

向かって右が、偉い人用の入り口。

左が下の人用。右は籠のまま入ることができるみたいです。

偉い人は昔もドアtoドアで旅出来たんですね…。くそぅ、私なんか歩いちゃってるんだぞ!笑

そんなわけで、旅籠の様子です。

なかなか雰囲気があるので、クリック拡大でご覧ください。

色々説明を受けながら回りました。

急で幅が狭い階段は着物の裾がかからないようにとか、

鬼瓦に「水」って書かれているのは火事よけや、火で大事にならないようにとか、なかなか細かい疑問が解決されて面白かったです。

ネットで調べればある程度は出てくるのですが、こういった細かい部分は実際に行って見て聞いてみないとなかなか分からないものです。

貴重な体験でした。

IMG_9003

さて、ここで舞阪宿戦です。

第31局目舞阪宿戦9路盤コミなし白番N5級と。10目勝ちでした!

N5級には昨日のお宿もご馳走いただきましたので至れり尽くせりです。

N5級、対局ありがとうございました!

これで総合戦績は12勝15敗4分。

IMG_9044

なぜかどやっているお店を発見しました。

勝って天狗になっている私の心を現すかのようですね。

対局も終わったので再び舞阪宿の様子に戻ります。

IMG_9045 IMG_9047

雁木…将棋か!?

と思ったら、がんげと読むそうです。港の船着場ですね。

潮の満ち干とかで水面の上下が変化してもそれに応じて乗り降りができるようになってます。

現代では桟橋自体を浮かしているみたいなので、雁木は少ないそうです。

 

以上、それでは弁天島を通って新居宿を目指すことにします。

 

〜新居宿

IMG_9048

どんよりしていますが、海ー!

ここは弁天島。浜名湖を横断していきます。

 

 

弁天島の様子です。

浜名湖を横断すると、そこはもう新居宿。

途中の橋に新居宿の様子が描かれたものがたくさんあったので撮っておきました。

ひとつひとつ見ていくと楽しいですね。

昔は浜名湖を渡し船で渡ってたんだなあ。今切の渡しって、そういや有名でしたね。

 

新居関所に到着しました!関所内も見て回りたいのですが、雨も心配なので先を急ぎます。

機会があったら是非見に行ってみてください。入館料とても安かったはず。

IMG_9065

有名な旅籠紀伊国屋に来ました。今日は閉館しているみたいでしたが、関所とセットで見れてなかなかいいです。

IMG_9066

IMG_9067 IMG_9068

いつものように本陣跡をパシャりこして、次は白須賀宿を目指します。

と、その前に新居宿戦です。

IMG_9069

第32局目新居宿戦。囲碁クエスト9路白番

10目勝ちでした!a初段、対局ありがとうございました!

これで総合戦績は13勝15敗4分。だんだん盛り返して来ました。

〜白須賀宿

松並木を歩いたり立場あとを見つけたりの道すがらの様子です。

道中の民家ではお盆の迎え火の跡が結構ありました。

ここから久しぶりに結構な坂になりました。潮見坂ですね。

登ったところが近江八景に認定されるほどに絶景ポイントらしいんですが、

残念ながら雨がパラついたりしていて景色がイマイチでした。残念。

ちょうど登りきった絶景ポイントにベンチがあったので、白須賀宿戦を打つことにしました。

IMG_9085

第33局目白須賀宿戦囲碁クエスト9路黒番。

時間切れ勝ち…

なんか釈然としない勝ち…

R二段、対局ありがとうございました。

これで総合戦績は14勝15敗4分。

 

ちなみになんかモヤモヤしたのでそのあと3局ほど打ったんですが、全部ぼろ負けました\(^o^)/ナンテコッタイ

結構休憩もできたので、坂を下りて宿場を目指します。

白須賀宿は地域一帯に宿場跡の看板がたくさんありました。歴史を大事にするまちですね。

最後は猫様にお別れを言って二川宿を目指します。

もう夕方だし雨も心配。

〜二川宿

IMG_9096

長かった静岡ともここでお別れです。

愛知県に入りました。IMG_9097 IMG_9098

途中雨に降られながら、6キロほどの距離を歩いていきます。

6〜7キロは、もはや近い、もう近所

そう感じるレベルになってきました。時間にすると大体1時間ちょっとで歩けます。

15キロくらいだと2時間半はかかるので、普通の距離=15キロ

それより距離があると遠く感じるし、それ以下だと近い。

 

身体が順応するにつれ、思考はどんどんバグっていってます笑

 

 

二川宿に到着しました。

白壁造りは江戸って感じしますよね。

ここも非常に風情のある街並みでした。

そこらじゅうのお宅やお店に二川宿の暖簾が設置されていて、一体感がありましたね。

てかかっこいいな二川宿の暖簾(欲しい

 

二川宿には着いたのですが、今日は豊橋にお宿があるので吉田宿付近まで歩くことにします。あと8キロ。

暗い…

街灯というものは存在しないのか…

パラパラ雨の中を傘もささずに(持ってない)歩いていきます。

もう思考がバグっているので、多少の雨は雨と認識しないことになっています。

てくてく歩いて無事豊橋にたどり着きました。

本日はY先生にお宿をとっていただいたのです!お財布が苦しい私には大変ありがたいことです。

様々な方に応援されていることに感謝しながら、歩き終えました。

IMG_9114

お宿で大きなお風呂に入ることもできたので、

二川宿戦は13路で戦うことにしました。

第34局目二川宿戦。囲碁クエスト13路黒番。

中押し勝ち。 c初段対局ありがとうございました!

これで総合戦績は15勝15敗4分。

負け越しからタイに戻しました!!!

 

以上、11日目の様子でした。

いかがでしたでしょうか。

さらば静岡、よろしく愛知。

 

まとめ

スケジュールのおさらい

10:00 お宿出発・朝ごはん

12:00 舞阪宿着。対局。

14:00 新井宿着。対局。

16:30 白須賀宿着。対局。

18:30 二川宿着。

20:30 お宿着。対局

 

なんかズレがあるんですが、今日は40キロでした。

途中旅籠見学でがっつり時間とっちゃったんですが、まあまあ歩けたのかなと思います。

天気悪くて怖かったのですが、逆に日光攻撃がなかった分歩きやすかったのかもしれません。

 

お小遣い

タオル 410円
天然水 108円
ソルティライチ 129円
アップルティー 151円
夕飯 496円
お宿 0円(Y先生にご提供いただきました!)

計 1,294円

残り -8,388円

 

かなりの節約!

Y先生、本当にありがとうございます!

 

健康状態

絶好調。

反省

本日は碁会所が無かったのが残念でしたが、

旅籠見たり、浜名湖渡ったり、坂を登ったりで充実した一日でございました。

 

しかし台風が怖いんですが、大丈夫なのかしら。

明日は山間の道を延々と歩いて岡崎まで行かないといけないので(道中に宿は無い)

途中で台風で詰んだ際に逃げ場がないんですよね。うーむ。

 

天気予報を見ながらビクビクしています。

もしかしたら明日は歩けないので豊橋でもう一泊することになるかもしれません。

できれば土曜には桑名に着きたいから、あまり足止めを食らいたくないなあ。

スケジュールより1日遅れてますし。

 

それでは今回はこの辺で。
スポンサーリンク