将棋の歴史について|初心者でも楽しめる囲碁・将棋教室(碁会所)なら囲碁・将棋喫茶樹林

将棋の歴史について|新橋、虎ノ門にある、食べて飲んで囲碁、将棋で楽しく遊べる碁会所の樹林です。初心者から高段者までお酒を飲みながら楽しく盛り上がれます。囲碁、将棋の大会やイベント、囲碁教室も人気です。

将棋の歴史について

将棋は昔からある遊びとして日本で広く知られていますが、「将棋は日本が発祥ではない」ということをご存知でしょうか。将棋は一体どこから日本に伝わり、そしてどのように発展していったのか、その歴史に迫ります。

将棋のはじまりは「古代インド」

将棋のはじまりは「古代インド」

将棋には漢字が多く使用されているため、日本や中国などが発祥ではないかと思われがちですが、将棋のはじまりは古代インドだといわれています。

紀元前2000年頃に古代インドで遊ばれていた「チャトランガ」というボードゲームが原点となり、少しずつ形を変えながら平安時代に日本へ伝わったという説があります。また、チェスや中国のシャンチーなどのボードゲームも元を辿るとチャトランガが起源だといわれています。

独自に発展した「日本の将棋」

独自に発展した「日本の将棋」

チェスやシャンチーといった世界的に広まっている将棋型ボードゲームは、日本とルールが少し違います。

日本では「敵の駒を取ったら自分の駒として使うことができる」というルールがありますが、これは日本独自のルールであり、海外のボードゲームにはありません。相手の王を取るというシンプルなゲームをより難しくした日本の将棋は、「最も複雑で高度なゲーム」と世界から注目されています。

また、海外との違いはルールだけではありません。日本伝来後の将棋は、独自の作法や遊び方などが確立され、江戸時代には徳川幕府から保護されるなど単なるゲームではなく格式高い遊びとして定着しました。

日本の誇りある遊びを、仲間と一緒に楽しみませんか?

樹林は、将棋や囲碁を楽しみたい・学びたいという方のための碁会所です。碁会所といっても堅苦しい雰囲気は一切なく、カフェのような内装でゆったりと過ごすことができます。
また、上達を目指す初心者のために指し方レッスンも定期的に行っています。女性の初心者メンバーも多く、レッスンの際は女性インストラクターもいますので「初心者だから恥ずかしい」と思わず、どうぞ安心してお越しください。

囲碁将棋カフェ樹林メルマガ
囲碁将棋カフェ樹林店長ブログ

店舗情報

    【営業時間】

    平日 11:30~22:00
    土日祝 13:00〜20:00
    定休日 不定休※お休みの情報は毎月更新します。
    席数 28席

    【所在地】

    〒105-0003
    東京都港区西新橋2-2-3
    ■お店までのアクセス:詳細はこちら

    【お問い合わせ】

    TEL: 03(3580)1746
    mail: info@jurincafe.jp