明けましておめでとうございます!
…の時期は過ぎてしまい、もう街は節分やバレンタインの雰囲気になってきましたね^^;

年末年始のドタバタがようやく落ち着いたと思ったら、あっという間に月末です。
時の流れってオソロシイw

さて、年も明けたので、今回は樹林をはじめてこれまでを振り返りつつ、目標を再設定しようかなと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

囲碁をもっと盛り上げよう!

開業当初を振り返って

さて、開業して5年になりますが、

これまでも書いてきたように、私は開業当初、全く囲碁をやったことの無い初心者でした。

もちろん碁会所に行ったことなんてありません。

 

碁会所をやろう、囲碁を仕事にしてみようと決心した原因は、

あまりにも世間のイメージと実際の姿がかけ離れていることに衝撃を受けたからです。

 

囲碁のことを何も知らなかった私は、正直全く囲碁に興味はなかったのです。

 

何やら石を並べて難しいことをしている。眠くなりそうだ。地味だ。

気難しいおじいちゃんが何やら理屈っぽくやっているものに違いない。

頭の良さそうな人がやってる、退屈なゲームだろう。

 

当初はそう、思っていたのです。(ひどいw)

ロックンロールとお酒好きなチャランポランには一生縁が無いものだと思っていました。

 

もちろんヒカルの碁は昔読んだ記憶はありましたが、

読んでからかなり時が経っていたことと、「あれはフィクション」という意識があったため、

囲碁が楽しそう!という思いはほぼほぼ持てなかったのです。

 

しかし、初めて囲碁関係の方とお会いし、囲碁の話を聞いた時、

その今まで持っていたイメージが全部覆りました。

 

あれ?おじいちゃんじゃ無い?

全然気さく!てか囲碁ってかっこよく無い?

すごいんじゃない??

 

そんな具合。

 

それと同時に、「なんで今までそんなイメージだったのか」という疑問が出てきました。

 

当時よくバラエティーなどで、「美人すぎる〇〇」や「意外な職業の人」みたいなものが多かったのですが、

「囲碁」というのは全く聞いたことがありませんでした。

 

もっと取り上げられてもいいものなのに…

まだ未経験にも関わらず、そう思えるほど「囲碁」は魅力的なものでした。

 

なら、もっと囲碁は面白い!と、その魅力をうまく発信できたら!

今の世間の囲碁のイメージを変えよう!

 

それが、当初の、そして今も碁会所を続けている理由です。

 

当初の目標と変遷

さて、そんなこんなで碁会所を始めては見たものの、

ほとんどお客さんが来ない(笑)

 

ということで、まずは新規のお客さんを一人でも多く増やそう!

そのために、囲碁(碁会所)のイメージを変えよう!

そして、樹林で囲碁を始めました!というお客さんを一人でも多く増やそう!

 

そんな目標を立てました。

今見たらガバガバ過ぎるんですが…。

 

このガバガバな目標設定でも、時を重ねて四苦八苦していればなんとかなるものです。

開業して2年、新規のお客さんは月に30人を超えました。

 

しかし、「樹林で囲碁を始めました!」という目標は中々達成できず。

級位者の方や初心者の方はちょくちょく遊びに来ていただいていたのですが、

「未経験です!ルールも知りません!」という方はほとんどいらっしゃいませんでした。

 

そこで4年目の春から教室のサービスを始めました。(遅過ぎ…)

広報とサービスの拡充を試行錯誤しながら現在に至りますが、

教室サービス開始から2年目の現在、遂に未経験からのお客さんは、200人を超えました。

教室だけでは無く、通常営業でも、「全く囲碁がわかりません」という方にご来店いただけるようになり、

当初目標だった、「一人でも多く」は、5年の時を経てようやく達成できたかと思います。

 

これからの目標

一店舗としてこれまで試行錯誤を繰り返し、営業してきましたが、

当初からの目標だった囲碁のイメージを変えよう!という目標は、これまで通りやっていってもやはり限界があります。

そう、「一人でも多く」の目標設定では時間がかかり過ぎるのです。

 

そこで、月に100人、年間1200人の未経験者の方に囲碁を教えよう!というのを、これから5年の目標にしました。

現在は月に10〜15人。まだまだ程遠いので、近々新しいサービスをリリース予定です。

 

妄想は、正義

ちょろっとtwitterでも呟いたのですが、

囲碁界はダメだとか、普及が全然なってないとか、

マイナスなことは色々耳にするんですよ。

 

もちろん実際そういう部分はあるのでなんとも言えないのですが、

ダメなところを見直して改善もいいのですが、

 

どうしたいのか、何を目指すのか

 

そういった話をあまり耳にしないところが寂しいところ。

 

もっとワクワクするような、楽しい夢を持ちたい。

 

アマチュア棋戦を作って、ハワイに碁会所を作っちゃって、

そこで決勝トーナメントをやるんだ!(もちろん招待で!)とかw

 

芸能人未経験者がトップアマかプロの指導の元、せーの!で始めて3ヶ月後、優勝したら100万円とかw

 

その他諸々。

 

実は2016年、囲碁関連のワード検索ボリュームはその前の年に比べて10倍になっています。

アルファ碁や井山先生の七冠達成、ドキュメンタリー番組での碁会所の紹介など、様々なニュースがあり、

他の業界に比べれば微々たるものかもしれませんが、現在確実に囲碁の認知度は上昇しています。

 

もっともっと楽しさを伝えられるように、素敵な妄想をしながら、

これからも頑張っていけたらなぁと思うのでした。

 

 

スポンサーリンク